【結論】iPhoneを”最短”で修理する最善策3選!

故障iPhoneアイキャッチ修理
うさ
うさ

iPhone壊れた。すぐに使いたい!!

こまちゅ。
こまちゅ。

壊れた時っていつまで使えないのか。

いつ使えるようになるのか...めっちゃ不安ですよね!


やっぱり普段肌身離さず使っているものが突然使えなくなると、

"買い物にいくのに財布持ってきてない"くらいの心細さというか、
"一度も行った事がない場所に、出発前に確認した地図の記憶だけで向かう"くらいの不安みたいなものがずっと付き纏うような感じがして嫌ですよね。

僕はそうでした...。


しっかりリサーチした上で本当におすすめできる選択肢をまとめたので参考にしてください。

✅iPhone"最短"の修理方法
①店舗持ち込み(即日予約可能な場合)
②配送交換サービス(Apple)
③非正規店舗での修理

おすすめはAppleの配送交換サービスですが、AppleCare+未加入の場合はデータ消失のない非正規店舗での修理がおすすめ。

Appleは初期化が必須ですが、他店舗では初期化されないため面倒なバックアップなどが不要!

信頼性も高いため、困った時は迷わず利用しましょう。
お勧めはスピード性、保証性の高いダイワンテレコム一択。


上記についてやさしく解説していきます。


⭐️この記事の内容

  • iPhoneを最短で修理する方法
  • Appleでの修理方法
  • 非正規店での修理方法
  • こまちゅのおすすめ



⚠️Appleの純正部品である事を重視したい方や、Appleの保証を継続して適用したい方向けではありません。


この記事は最短で最速な修理方法を選ぶための内容です。

あなたがどの方法で修理をするべきか3分ほどで理解出来ます。


前置きが長くなりましたが、さっそく解説していきます。🐼



iPhoneの修理申し込み先は大きくわけて3つ

3つ
  • Appleへ依頼
  • 契約しているキャリアへ依頼
  • Apple以外の他社へ依頼


これは当然ですが、依頼先は正規店か非正規店か。
もしくはキャリア独自の保証での交換。

この3つのいずれかの方法を使って修理を依頼します。


それぞれの修理方法に関して、簡単に解説します。

Appleへの依頼

Apple logo

Appleへ修理を依頼する場合、以下3つの修理方法から選ぶ事ができます。

  1. 直営店、正規サービスプロバイダへの持ち込み
  2. 配送引き取り修理
  3. エクスプレス交換サービス

3種類もあるので、都合の良い方法が選べて嬉しいですよね。


AppleCare+の保証に加入していない場合はAppleでの修理は選ばないでください。
他社と比較して、Appleでの保証対象外修理は修理料金が高いです。


限定保証期間内である場合のみ、Appleでの修理を検討するのが良いと思います。


理由としては、2つ

・限定保証期間中は、外的損傷(画面割れ、水濡れ等)を除いた修理は無償
・外的損傷は保証対象外修理扱いになるため、修理料金が高い


保証状況の確認はこちら› https://checkcoverage.apple.com/jp/ja/

今回、できる限り早く解決する事を重点にしているため、②の配送引き取り修理は除外。


配送引き取り修理は、ヤマト運輸が自宅へiPhoneを引き取りに来る→その後Appleの修理センターに到着→そこから修理が実施されて、完了次第、元のデバイスが手元に返ってくるという方法です。

この手順を踏んでいると無駄な時間がかかり過ぎてしまい、公式のアナウンスでは大体7日~10日前後程度かかると案内されます。急いでいる僕たちにとってこれは論外

そうすると、残るは①の持ち込み修理か③のエクスプレス交換サービスになります。


持ち込み修理は、Apple直営店または正規サービスプロバイダへ予約後に来店します。


もし、自分が持ち込める範囲の店舗で希望日に予約が取れた場合修理箇所にもよりますが即日で修理、もしくは交換対応してもらえる可能性があります!

しかし、状況によっては一旦お預かりされた後、後日再度の来店が必要になる場合や、
修理センターに配送されて、手元に戻るまでに引き取り修理と同じくらいの日数がかかってしまう可能性もあります。

その判断については、実際に店舗の技術者が検査を行った上での判断になるため、事前に確認する事はできません。
それでもその日中に修理できる希望に賭けたい方は来店予約をして、店舗に行ってみましょう。


ただ、保証対象外修理(AppleCare+未加入)の場合、非正規店舗の修理料金より高い事がほとんどです。

AppleCare+未加入且つ、外的な損傷での修理の場合に修理料金を重視する方は、非正規店での修理料金との金額の差をしっかりと確認する事をお勧めします。


エクスプレス交換サービスは3~5日程度で新しいiPhoneが自宅に届き、その場で交換する方法です。


エクスプレス交換サービスは早くて便利ですが、サービスを利用するにはAppleCare+加入が必須です。
AppleCare+は購入後30日以内に加入しておく必要があるので、未加入の場合は利用できません。


AppleCare+に加入している場合は、エクスプレス交換が最も確実で最短の手段です。

その理由は以下

  • 来店の必要がないため楽
  • デバイス本体の交換が約束されている
  • 届くまでの所有日数が決まっている
  • iPhoneが手元から離れる期間が生じない


AppleCare+に未加入だった場合は、諦めて非正規店での修理にしましょう。


契約しているキャリアの保証を使う

White dog

これは、自身でキャリアの保証に加入していた場合に利用できる方法です。
au、docomo、SoftBankはそれぞれオプションとして保証を提供しています。


もし契約時や購入時に「加入してたかも...」と心当たりのある方はキャリアへ連絡して、保証の適用方法を確認しておきましょう。

Apple以外の他社へ依頼

これは「正規店の予約が希望日時に取れない」「保証未加入のため修理料金が高い」「AppleCare+に加入していないためエクスプレス交換サービスが利用出来ない」などの問題をすべて解決してくれる唯一の方法です。


購入する時にわざわざ壊れた時の事や保証期間が満了した時の事なんて、考えていられないですよね。

そんな時に便利なのがこのiPhone修理を専門にしている他社のサービスです。


ここまでの問題点を解決してくれる理由

  • iPhoneを含めた精密デバイスの修理を専門としているため信頼性が高い
  • 即日対応ですぐに修理してくれる(店舗や保証状況による)
  • データ初期化をしないため、バックアップなしでも安心して修理に出せる


今後、Appleの保証対象としての修理を受ける事はできなくなってしまいますが、それと比べてもメリットの方が多いです。

メリット/デメリット

迷っている方にも伝わりやすいように、それぞれのメリット/デメリットを箇条書きでリストにしてみました。是非、じっくりと考えてみてください。

Appleへ依頼するメリット/デメリット

メリット

・安心の純正部品
この上ない安心感
・失敗のリスクは皆無
・AppleCare+の保証期間内であれば、安く修理、交換が可能

デメリット

・AppleCare+の保証がない場合は修理料金が高い
・店舗への持ち込み修理、引き取り配送修理は時間がかかる


キャリアの保証を使うメリット/デメリット

メリット

・依頼先はキャリアでも実質Appleでの交換、修理と同じため安心

デメリット

・保証に加入していないと使えない


他社へ依頼するメリット/デメリット

メリット

・専門店のため信頼性が高く安心感◎
・修理料金がAppleと比べて料金が安い
面倒なバックアップが不要!
・迅速な対応
・配送での最短修理が可能
・修理後の手厚い保証

デメリット

・純正部品が使われない可能性
・Appleの保証対象外扱いになってしまう


いかがでしょうか。

現在のご自身の保証状況などを加味すると必然的にどの方法が最善かが見えてくると思います。


【結論】選ぶべき修理方法


それぞれの保証状況から見えてくる選ぶべき修理方法は以下

AppleCare+保証あり
>エクスプレス交換サービス or 店舗持ち込み(予約可能な場合)

キャリア保証あり
>キャリアの保証での修理、交換

AppleCare+保証なし、保証期間切れ
>修理を専門にしている他社での修理


上記3選が保証状況に応じた一番安く、また最短で解決できる選択かと思います。


他社の修理専門店に依頼する際に代表的な店舗は
アイサポ
ダイワンテレコム
スマートドクタープロ

この辺りを選んでおけば間違いなし。

個人的におすすめのお店はダイワンテレコムです。


申し込み方法

ここまでで紹介した修理方法の申し込み方法を解説していきます!!



エクスプレス交換サービス

こちらはWeb申し込みが不可な手配のため、Appleサポートへ電話で問い合わせましょう。

元旦以外毎日営業 9:00 ~ 21:00
0120-277-535

案内を聞くにあたって必要な所要時間は大体15分から長くて30分くらいです。

Appleの店舗へ持ち込み

Appleサポートに電話をして予約するか、自分で直接予約を取る。

電話だと余分な時間がかかるため、個人的には自分で空き店舗を探す方が楽です。

また、プロバイダーの店に直接電話をしても店舗予約はネットから行うよう促されてしまうため意味ないです。


Webサイトから予約を取る方法

  1. Appleのサポートページへアクセス → https://getsupport.apple.com
  2. 修理の必要があるデバイスを選択し、トピックを選ぶ。
  3. 「持ち込み修理」を選択して自分のApple IDでサインイン
  4. 希望の店舗、空き時間を確認してクリック


キャリアの保証を使う

これはキャリアによっても保証の適用方法が違うため、今回は詳しい解説は省きます。

正しいお問い合せの連絡先を記載しておきますので、不明な方はこちらからどぞ。

au

auはAppleCare+の保証期間が延長できるオプション。
そのため、購入から4年以内の場合はAppleへ問い合わせ。

受付時間:9:00〜21:00
元旦以外不休:0120-277-535

docomo

電話の場合

受付時間:9:00〜20:00

ドコモの携帯電話から:15711(無料)
一般電話などから:0120-210-360

オンラインでの申し込み

iPhoneの故障・修理と補償サービス | NTTドコモ



SoftBank

電話の場合

受付時間:9:00〜20:00

ソフトバンクの携帯電話から:113(無料)
一般電話などから:0800-919-0113(無料)

オンラインでの申し込み

オンラインで修理を申し込む | スマートフォン・携帯電話



ダイワンテレコムで申し込む

ダイワンテレコムでは持ち込み修理、郵送修理どちらも可能です。

持ち込みの場合は基本即日。郵送の場合は最短で2~3日ほどで返ってきます。

持ち込み修理

  1. 公式サイトからメニューを開く
  2. 店舗一覧を開く
  3. 近くの店舗を探して選択
  4. 機種を選ぶ
  5. 該当の症状を選ぶ
  6. 下まで下がり予約ボタンを押す
公式サイトからメニューを開く
店舗一覧を開く
近くの店舗を探して選択
機種を選ぶ
該当する症状を選ぶ
下まで下がり予約ボタンを押す


郵送修理

  1. 公式サイトを下に下がる
  2. 郵送修理お申込み欄を埋めていく
  3. 機種名、故障内容を入れる
  4. キャンペーンでガラスフィルムを希望する場合はチェックを入れる
  5. パスコードについてと、不安な点を書き込む
  6. 免責事項、同意事項に同意して申し込み
公式サイトを下に下がる
郵送修理お申込み欄を埋めていく
機種名、故障内容を入れる
キャンペーンでガラスフィルムを希望する場合はチェックを入れる。
パスコードについてと、不安な点を書き込む。


以上です!

今回はダイワンテレコムへの申し込み方法を例として紹介しましたが、希望の予約日時が空いていない場合近くに店舗がない場合は、実績も豊富で店舗数もトップクラスに多いアイサポを利用しましょう。

アイサポ公式サイト»

アイサポは現在、修理費用全額キャッシュバックキャンペーン中のようです。


番外編

こちらはちょっとした番外編ですが、、


もし既にどこかのお店に修理を依頼していて、中のデータは保護できない。初期化しか方法がないと言われてしまった時はFIREBIRDに相談してみてください。

もしかしたら、大切なデータが取り戻せるかもしれません。
iPhoneデータ復旧・基板修理サービス【FIREBIRD】



まとめ:iPhoneを最短で修理する方法について

紅葉

長くなりましたが、本記事をここまでお読みいただきありがとうございます。🐼

冒頭で書いたiPhoneが使えない時のあの不安な気持ち。
それが少しでも拭えていたり、どうするかの道筋が見えていたら、この記事も書いた甲斐があるなぁと思います😭

読者のみなさんのお役に少しでも立てたら何よりです。

iPhoneを修理に出す前にやっておきたいデータのバックアップ方法はこちらで解説。
«【これで完璧!】『iPhone バックアップ作成方法』


困った点やご指摘など気になった事があればコメントでお願いします。

では〜。

修理
\あの人にもシェアしてあげよう/
こまちゅ。をフォローする
Koma Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました